about

「一点一点、手をぬかずに、心を込めて作る」
「常に技術と感性を磨き、進化し続ける」
「お客様に喜びを提供し、後世に残るような作品作りを目指す」

1952年創業、親子3代この理念を守ります。


【伝統の技を新しい感性で生かした モダンジュエリー】

身に着けたあなたが輝き、ワクワクすること
プレゼントを贈るあの方が輝き、ドキドキすること

私たちは、そんなジュエリー制作を目指します。

また、アトリエの3代目、妙が手掛けるTae K.では
個性的なデザインの一点ものジュエリーも制作しています。

HP:http://tae-k.com
Facebook:https://www.facebook.com/tae7gem/?ref=bookmarks
Instagram:tae.k_one

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【3世代に渡り受け継がれた 心と技】

創業者の本村宗睦は、若くしてものつくりの才能にあふれた多彩な工芸家でした。
1952年に本村工芸を創業、木工、竹工、染色などの制作と指導に従事しました。

1970年代から、七宝、彫金の研究に専念し、類例のない七宝レリーフやオーナメントを制作しました。また、日本初の体系的な七宝技法書「七宝事典」(南日本出版文化賞受賞)を執筆し、日本の七宝技術の向上に貢献しました。

2003年、宗睦が急死。長女の睦美と孫の妙が鹿児島へ移り住み、七宝と金属加工を学び始めました。

2010年、宗睦の遺した道具や技術を絶やしたくないという思いから、睦美と妙が本村工芸を引き継ぎました。

現在、本村工芸のショップでは、睦美と妙が制作したオリジナルジュエリーの展示販売をしています。


出品中の商品は、鹿児島市の本村工芸美術研究所でも
販売しております。

実際にお手に取り、ご試着いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・久冨木原 睦美(くふきはら むつみ)
七宝アクセサリーデザイン&制作
お茶の水女子大学修士 美学美術史専攻

・久冨木原 妙(くふきはら たえ)
ジュエリーアーティスト
首藤治(現代の名工)ジュエリースクール在籍


本村工芸美術研究所
住所:鹿児島市薬師2-26-15 
TEL:099-253-2641
定休日:不定休(お電話ください)
営業時間:13:00~18:00